忍者ブログ
ダメアニゲオタのmutaが日記とか何かをしていくブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10
Posted by - 2017.12.15,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by muta - 2013.08.24,Sat
 今週末も忙しそうなので今のうちにぶっこめるネタはぶっこんでおく。

 まあ撮ったのは先週末前だからネタの鮮度はあれだけどねー。



nendo_005.jpg

モノクマのねんどろいどに手を出してしまった。 孤独(自分ではそうは感じてない)の反動かねんどろいど遊びが結構楽しかったので弾を補充したのだ。


nendo_006.jpg

 中身はともかくモノクマを作ったところはあのゲームのすばらしいところだよねー。

って、あれは・・・・?


nendo_001.jpg

「ギャー!!!! ネ、ネ、ネズミー!!!!!」


nendo_002.jpg

「今すぐ駆逐してやる!!!!」

「光になれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」



nendo_004.jpg

「あ゛」


『クロ二 ケッテイシマシタ』


 などと遊べちゃうくらい動いてくる。 ねんどろいどはどれもクオリティ高くて凄いなあ。



 それともう一個、西住殿を乗せるための戦車をそろえてみた



nendo_008.jpg

戦車ってチャリオットのことかよ!



 戦車模型を作って載せるなんてことは私には出来ないので、代わりに文字通りねんどろいどのチャリオットに付属されているメアリーとかいう戦車に乗っけてみた。
 

 本当に「乗っけてみた」だけだからかなり安定感が悪い。 チャリオット(キャラ名)用の固定パーツはあるけど西住殿の姿だと取り付けることが出来ない。 なのでバランスよく座らせてから撮影。


nendo_009.jpg

今度は顔パーツを変えてみる。 パーツはチャリオット(キャラ)のもの。


nendo_010.jpg

 向きを変更して撮影。 この西住殿、顔が超怖くなった(ガクガク




nendo_012.jpg

 それにしてもこのメアリー(戦車)、全部固定かと思いきや各関節が動かせるから驚いた。 だからこんなアクロバッティングなポーズもとれる。 ねんどろいどはたびたび芸の細かいものを作るからすごいわ。

 ということで、今度は西住殿を乗せてみた。


nendo_011.jpg

ポーズの参考はシアーハートアタックが飛び込んでくるところ。 簡単そうに見えるけどねんどろいどを載せると自重で落ちて崩れてしまうので後ろのラノベを支えにしてなんとかポーズをとらせてみた。


nendo_013.jpg

 顔を変えたままだから、西住殿まじでこわいです。

 ちなみに本体であるはずのチャリオット(キャラ)の本体は、特に遊ぶことなく箱戻し。 つくりは悪くないんだけど、特にねたが思いつかなかった。 まあ、今度なにかの機会に使おう。 ・・・とかいうと、大抵使わないんだよなー。




PR
Posted by muta - 2013.08.22,Thu
面白かった。


 先週末に実施された新生FF14のβテスト。 当然のことながら参加してきたmutaさんは見事盆休み最後の三日間をそれだけに費やした。 おかげで最終三日目の夜は異様なまでの疲労にみまわれながらも、目標を無事クリアも出来て充実した気持ちのままログアウトすることができた。 そして、翌日に響いた。

 今回のβ内で目標としていたことは三つ。

 ひとつは新生から実装される新クラス『巴術士』をメインにして、テストの制限レベル20まで上げること。

 これまでmutaさんはβ2で弓術士、β3では斧術士をメインでやってきて、サブとして他残りのクラスを体験してみた。 その経験から一番性に合っていたのが斧術士だった。 結局ごり押しの肉弾戦がお似合いの脳筋野郎だったというわけだ。

 しかし、ゲームデータがリセットされ、新たにキャラクターを作らなければいけなくなった今回。 使いやすかった斧術士ではなく、あえて後衛戦闘職の巴術士を選択した。

 もちろんそれには理由ある。

 それは巴術士から派生するジョブ『学者』を目指しているから。 いや、目指さなければいけないからだ。

 かつてMMO RPGの一時代を築いた『ラグナロクオンライン』。 そのなかで、一時栄華を極めながらも修正でネタ職とされることとなった『セージ』の戦闘スタイル『油師』。 みんなが油師を捨てる中、利益ではなくネタとして油師を愛したmutaさんは、油スキルを持ったまま、上位二次の『教授』、転生三次の『ソーサラー』にまで転職するに至ったのだ。

 すべては油スキルを愛するが故。

 そんなmutaさんが上位二次の『教授』から連想できる『学者』にならずになんになるというのだ!!!!

 そんな薄っぺらくも熱い理由からあえて巴術士を選択したのだった。

 目標としていたレベル20まではメインストーリーのクエをテスト中の制限までやって、と指定のモンスターを一定量倒すと経験地がもらえる討伐手帳を埋めながら進んだらあっさり達成できた。

 ちなみに、二つ目の目標はそのメインストーリーを制限まで終わらすことだったので、これも自然と達成。

 最後の三つ目が、おそらく学者を取得するのにサブクラスとして必須になるだろう幻術士をレベル15まであげること。 これは討伐手帳を埋めつつサブクエとギルドリーブ(クエスト)をやってたら割と簡単に達成できた。 ついでなのでダンジョン行って少しLv上げ。 17になったところで三日目の夜、体力の限界のため終了。

 その他にやったことといえば、目標がクリアの合間にギャザラー・クラフターを中心に他の職もあちこち手を出してちょこっとLvをあげてみた感じ。

 まあ、β2からのテスターなら三日もあれば寄り道しながらも出来ますわなー。

 製品版はキャラデータそのまま使えるので、今から楽しみ。 はよ週末にならないかなー。


Posted by muta - 2013.08.16,Fri
うわああああ!!!!


電改
撃沈したああああ!!!!



 どうもmutaです。


 前回の更新で書き忘れたけど、FF14のβテストの開始時間は16日の18時からなんで、その間時間潰しに『艦これ』やってたら、最初の出撃で手塩にかけて育てた電改を撃沈させられてしまった・・・。

 水雷強化の一翼として駆逐艦で唯一改造まで鍛えて、装甲も戦艦並みに改修したというのに、まさかよってたかっての狙いうちに遭うなんて・・・。 しかも、最後の一撃は元HP超過のクリティカルとかそんなのどうしろっていうんだよ! 潜水艦! 許すまじ!

 戦力低下は艦隊の危機。 悲しんでいる暇もなくすぐさま補充をかけなきゃいけないけれど、改造までいった駆逐艦はこの一隻だけ。 他は10前後に数隻と戦力としては心もとない。 仕方ないので、そこそこLvをあげてて対潜能力の高い軽巡『由良』を急遽Lvあげ中。 こいつを加えて電の仇を討つ!!


ちなみに撃沈させてしまった艦はこれで二隻目。 しかも一隻目は最初にもらった電だったりする。  電が撃沈する呪いでもかかっているのかな、私。


Posted by muta - 2013.08.16,Fri

 前回の更新で2日前なのに開始時間がまだ公表されていないとかいたが、更新後しばらく経ってフォーラムで公表されていた。 βテストの時間が2日前に発表されないのもあれだが、発表されるのも遅すぎてあれだわな。 現場、そんなに逼迫しているんですかね。 ご苦労サントス。 どうもmutaです。



 βテストで引き篭もるにあたり、やっておけることは今のうちやっておこう。

 ということで、『風立ちぬ』を観てきました。

 ジブリとしては珍しい大人向けアニメということで、親子連れが勘違いして入ったり、その子供が退屈して劇場内で騒ぎ出したりと、なにかと混乱を招いている上に内容が賛否両論と、なかなかのカオスっぷりを醸し出しているらしいこの作品。 なんとなく興味があったので、mutaさん的には『もののけ姫』以来、久々に劇場でジブリ作品を観る事にしました。

 あらすじとしては、『飛行機の設計士を夢見る少年・堀越二郎が自ら設計した飛行機を完成させるまでを描いた物語』と、一言で済ませられるほどとてもシンプルなもの。 当然、その間に色々なドラマはありますが、それは実際ご覧になって確認してください(ステマ)。

 さて感想としては、『ジブリがアニメで作ったプロジェクトX』。 または『ジブリ製作日常系アニメ映画』

 件の通り、設計士が完成させるまでの話なので、緊張の戦闘シーンや心温まるファンタジーなどなく、ただそこに至るまでの道のりをそこそこアニメ的な表現を含めて描いた作品なので、クライマックスで一気に盛り上がるバルス的な要素は一切ないのです。 つまり盛りあがりに欠ける内容でした。 これでは確かに賛否両論つくかもしれません。

 ただ技術の乏しい国が試行錯誤を繰り返しながらも、とうとう一機の艦上機を完成に至らせる道のりには、少し心にくるものがありました。 mutaさん的にはこういうアニメがあってもいいと思います。

 それはそうと後になって気がつきましたが、映画を観たこの日って、終戦記念日だったんですね。 偶然とはいえ、この日に戦争にかかわる作品を観てしまうとは、感慨深いです。

 あ、庵野の演技力については、もはやジブリ定番なので気にしないことにしてます。

Posted by muta - 2013.08.14,Wed
 はぁはぁ・・・た、耐えるのが辛い・・・。

 最後の日からもう1ヵ月近く・・・。 いままで何とか耐えてきたが、もう限界だ! 禁断症状を抑えられない!!

 は・・・、早く・・・早く・・・


早く新生FF14をやりたいッ!!!!


 どうもmutaです。


 有名タイトル『ファイナルファンタジーシリーズ』の14作目(らしい)MMO RPG FF14がまさかの作り直しのためにサービス終了となって早8ヶ月ぐらい。 とうとう今月27日に新生FF14として発売されることとなった。

 その前に『お試し版』の意味も含めたらしいオープンβテスト(βテストフェーズ4)が17日~19日(クローズドβ参加者は16日から)に実施される。

 実はクローズドβフェーズ2からβテスターとして参加していたmutaさん。 初めはちょっとした興味本位だったが、参加しているうちにどんどんのめりこんで来てしまい、今ではすっかりはまってしまった。

 おかげで前回のフェーズ3が終わってからというもの、次のテストはいつなのか、更新されていないとわかっていても公式HPとテスター用フォーラムを毎日に2度以上確認してしまう禁断症状っぷりをみせていた。

 そしてようやくテストの日程が告知されたのが先週末。 おかげで日程を気にして生活するという苦悩がなくなって一安心ときたら、今度は別の問題が発生した。

 テストが楽しみすぎて、待っている今が辛い・・。

 遠足の前日の小学生状態である。

 なまじ日程がわかっていると今度はその日が早く来ないかといてもたってもいられない。 以前よりフラストレーションはたまる一方で、日を増すごとに大きく、強くなってきているからかなり堪える。

 だからといって日程が遅くなることはあっても早くなることはない。 われわれに出来ることはただ耐えるだけ。 これまさに今が一番の正念場なのだ。

 ああ!

早くオープンβになーあれ!


 ・・それはそれとして、日にちは告知されたのに開始時間が2日前である今現在も発表がされないのはどういうことですかねー・・・。



 @余談。

 気を紛らわすために、最近話題らしいソーシャルゲーム『艦これ』を始めてみた。

 気を紛らわす程度になればいいかと思ってやってはみたのだが、気がついたら電改が出来上がっていた

 これはいったいどういうことだ!

電の本気を見たのです!



カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
muta
性別:
男性
自己紹介:
アニゲオタク。
どうしようもなくオタク。
たぶん一生オタク。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
独断と偏見によるオススメ品




Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]