忍者ブログ
ダメアニゲオタのmutaが日記とか何かをしていくブログ。
[294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284
Posted by - 2017.10.24,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by muta - 2013.08.16,Fri

 前回の更新で2日前なのに開始時間がまだ公表されていないとかいたが、更新後しばらく経ってフォーラムで公表されていた。 βテストの時間が2日前に発表されないのもあれだが、発表されるのも遅すぎてあれだわな。 現場、そんなに逼迫しているんですかね。 ご苦労サントス。 どうもmutaです。



 βテストで引き篭もるにあたり、やっておけることは今のうちやっておこう。

 ということで、『風立ちぬ』を観てきました。

 ジブリとしては珍しい大人向けアニメということで、親子連れが勘違いして入ったり、その子供が退屈して劇場内で騒ぎ出したりと、なにかと混乱を招いている上に内容が賛否両論と、なかなかのカオスっぷりを醸し出しているらしいこの作品。 なんとなく興味があったので、mutaさん的には『もののけ姫』以来、久々に劇場でジブリ作品を観る事にしました。

 あらすじとしては、『飛行機の設計士を夢見る少年・堀越二郎が自ら設計した飛行機を完成させるまでを描いた物語』と、一言で済ませられるほどとてもシンプルなもの。 当然、その間に色々なドラマはありますが、それは実際ご覧になって確認してください(ステマ)。

 さて感想としては、『ジブリがアニメで作ったプロジェクトX』。 または『ジブリ製作日常系アニメ映画』

 件の通り、設計士が完成させるまでの話なので、緊張の戦闘シーンや心温まるファンタジーなどなく、ただそこに至るまでの道のりをそこそこアニメ的な表現を含めて描いた作品なので、クライマックスで一気に盛り上がるバルス的な要素は一切ないのです。 つまり盛りあがりに欠ける内容でした。 これでは確かに賛否両論つくかもしれません。

 ただ技術の乏しい国が試行錯誤を繰り返しながらも、とうとう一機の艦上機を完成に至らせる道のりには、少し心にくるものがありました。 mutaさん的にはこういうアニメがあってもいいと思います。

 それはそうと後になって気がつきましたが、映画を観たこの日って、終戦記念日だったんですね。 偶然とはいえ、この日に戦争にかかわる作品を観てしまうとは、感慨深いです。

 あ、庵野の演技力については、もはやジブリ定番なので気にしないことにしてます。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
muta
性別:
男性
自己紹介:
アニゲオタク。
どうしようもなくオタク。
たぶん一生オタク。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
独断と偏見によるオススメ品




Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]